初心者目線で ミラーレス

素人の目線でカメラに取り組んでいます。素朴な疑問や、壁を少しずつ乗り越えて行きたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソニー α6000 初心者目線でロックオン

やまおこむです。

今回はソニーα6000のロックオンオートフォーカスについて書いてみます。

α6000のロックオンAFは「入」と「入(シャッター半押し開始)」の二つがあります。

「入(シャッター半押し開始)」の方は、フォーカスモードをAF-Cにしないと使えません。
フォーカスエリアはワイド、ゾーン、フレキシブルスポットにすると、カメラが被写体を選びます。
中央にすると、自分の撮りたいものに大体ロックオン出来ます。
何れもシャッター半押しで、ロックオン・自動追尾が始まります。


で、もう一つのロックオンAF「入」の方ですが、AF-A、AF-Cで通常は使用するかと思います。
AF-Sでも使えないことは無いですが、シャッター半押しで自動追尾しなくなり、すこし使いにくいので、今回は外します。

AF-A、AF-Cでは以下の手順でロックオンAFを使います。

1.フォーカスエリアをワイドか中央にセットする。
  そうすると下の様な画面になり、●ロックオンAFと出てきます。
ロックオン設定


2.液晶右のコントロールホイール中央の●ボタンを押すと、液晶の真ん中に二重の四角が出てくるので、ピントを合わせ続けたい部分に四角を合わせます。
ロックオン 1


3.もう一度コントロールホイールの●ボタンを押し、ロックオンします。ロックオンすると下の写真の様に、大きい二重の白線の四角が出てきます。
ロックオン 2


4.自分の好きな構図に変えます。この時点では、ピントは自動で合わないのでずれます。
ロックオン 3


5.シャッター半押しで、被写体のピントを合わせると二重の四角が白から緑に変わります。緑の四角が出ている状態では、自動追尾に加えて、ピントを合わせ続けてくれます。
ロックオン 4


子供の出る運動会などでは、沢山の子供が一緒に動くため、自分の子供にピントを合わせるためには、

ロックオンAF:「入(シャッター半押し開始)」 + フォーカスエリア:中央

で、自分の子供にロックオン+ピント合わせしてフレーミングするか、上記のロックオンAF:「入」で自分の子供にロックオンしてフレーミング、撮影するのが良いかと思います。

マトリョーシカの構図が悪いとかいうコメントは(ry
・・・そこは大目にみてください。

それではまた。

カメラ・レンズの中古品探しはこちら。

 ←ランキング参加してみました。よろしければクリックお願いします。
[ 2014/11/30 23:12 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

やまおこむ

Author:やまおこむ
横浜在住のカメラ、自転車、PCの好きな、平均的なサラリーマンのブログです。

フリーエリア










検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。