FC2ブログ

初心者目線で ミラーレス

素人の目線でカメラに取り組んでいます。素朴な疑問や、壁を少しずつ乗り越えて行きたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソニー α6000 でフラッシュ! 2

ソニー α6000にはフラッシュがついてます。
もう3回目のような気がしますが・・・。

このフラッシュを指で上に向けて擬似的にバウンス撮影が出来ることは、これまでに書いてきました。
次の課題は指バウンス以外の方法で、フラッシュっぽさを無くせないかということに取り組んでいます。

で、

今回は、以下の方法を試してみました。

1.ポリ袋をフラッシュにかぶせてみました。
2.フラッシュの前にコピー用紙を置いてみました。
3.フラッシュの前に鏡を置いてみました。

ちなみに普通にフラッシュを使って撮影したのが下のものです。
部屋の明かりは消して、窓のシャッターも締め切っていますので、暗い状況下での撮影です。
通常フラッシュ

テカリや全体的に青っぽいものになってます。
左下にはケラレのようなものもあります。
なんといいますか・・・安っぽいです。

ちなみに指バウンスで撮影すると下のようになります。
指バウンス

若干暗いですが、シャッター撮影っぽさが良く消えていると思います。

では、1.のポリ袋でフラッシュを覆ってみた結果から。

使ってみたのは以下の4枚です。
袋たち

左から順に、
 (1)半透明
 (2)不透明ベージュ
 (3)メッシュベージュ
 (4)不透明黒
です。

まず(1)の半透明袋から。
ヤマダ袋

半透明とはいえ、袋で光が拡散するためか、左下のケラレが少なくなっています。
ただ、全体的に明るさにムラが出てしまいました。

で、次は(2)の不透明ベージュ袋です。
イオン袋

明るさのムラも左下のケラレも無くなり、フラッシュ特有の青っぽさも改善されています。
なかなか良さそうです。

次は(3)のベージュのメッシュ袋です。
茶メッシュ袋

写真左下が若干暗いものの、半透明袋と不透明ベージュ袋の中間といったところで、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

次は黒いポリ袋をシャッターにかぶせたものです。
ヨドバシ黒袋

・・・さすがに光量が足りず、肉眼で見ているものと近い印象の写真になりました。

次はもう一つのシャッター光拡散方法として、コピー用紙でフラッシュの光を遮った場合の結果です。

上から順に、フラッシュの前に紙を1枚、半分に折って2枚、更に半分に折って4枚にしたもので遮って撮影したものです。
コピー用紙1枚
コピー用紙2枚
コピー用紙4枚

なかなか良さそうです。
遮る紙の枚数が多くなるほど、青味が少なくなり、赤味が増していってます。
ケラレも無くなり、明るさのムラもありません。

次は3.の鏡を使う方法です。

フラッシュの前に45度の角度で鏡を置き(持ち)、光が真上に行くようにしています。
鏡45度

無駄な反射が少ないという点では、これが一番です。
フラッシュの光を被写体に直接当てず、天井や壁紙をレフ板にして撮影する形になっています。
指バウンスでは、フラッシュを上に向けてはいても、フラッシュから真横に出た光が被写体に僅かに当たるため、反射が起こっていることが分かりました。

今回の検討から、部屋の中でフラッシュを使って撮影するときは、手鏡を使うのが良さそう、ということと、屋外でフラッシュっぽさを少なくしたい時は、色付きのポリ袋をフラッシュに被せると良さそうということが分かりました。

ただ、手鏡はともかく、外では都合良くポリ袋を持っていることも少ないのでは・・・という気もしますが。

やまおこむでした。
それではまた。
スポンサーサイト
[ 2015/01/31 20:55 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)

カーボン三脚ゲットしました

三脚を使って写真を撮ることが何回かありましたが、前回の写真の様に「あれ?」という感じでいつのまにかブレてたりしてることが、多々あります。

で、

使っている三脚の長さ、脚の太さ、重さなどを調べてみました。

縮長:短い(380mm)、高さ:低い、太さ:細い、重さ:すごく軽い(600g)、材質:多分アルミ

これらを今出ている三脚のスペックと照らし合わせてみると、今持っている三脚は、携帯性を第一に設計されていて、主にコンデジ用に作られたものではないか?という結論を出しました。

まあ、この三脚は10年くらい前のもらいものなのであれですが。

なので、もうちょっといいのが欲しいなー、となりましたので、買いました。

DSC02201.jpg

で、開梱して脚を一段だけ伸ばしてみました。
DSC02211.jpg

なかなかいいです。気に入りました。

King Fotopro カーボン三脚 PGC-484Fです。
カーボン製の割には安価な方だと思います。

PGC-484FをYahoo!ショッピングで買いました。

主なスペックは下の通りです。

・材質:カーボン
・全高:1460mm
・最低高:180mm
・縮長:485mm
・脚最大径:22mm
・重量:1050g
・脚段数:4段
・雲台タイプ:自由
・積載重量:3kg
・クイックシュー:あり
・雲台取り外し:可能
・水準器:なし

カーボンにしては安価ですが、ものの作りはしっかりしてます。
ナット式の脚部伸縮、固定タイプですが、非常に使いやすいです。
重りぶら下げ用のフックが付属していたので、取り付けました。
エレベーターは伸ばしても、ちゃんとガタつかない様に固定出来ます。
水準器が無いので、雲台は交換するかもしれません。

α6000とレンズの重量にはオーバースペックとも言える印象です。
ただ、前の三脚から安定性は段違いに上がりました。

これでやっと、カメラ、レンズ、三脚、レリーズがありたい形で揃いました。
まあレンズはSEL1670Zがリニューアルされる噂があるので、出たら買いたいですが・・・。
沼か?!沼なのか!?
あとレンズのリニューアルの前にα7000が出そうな感じですが。。

とりあえずこの三脚を活用してみたいと思ってます。

やまおこむでした。
それではまた。
[ 2015/01/25 00:09 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(2)

ソニー α6000で星空を撮影 4

これまでいろいろ星の写真を撮ってきましたが、しつこくも流れる星の写真を撮りたいと思ってます。
で、リンク先の伝助様より比較明合成というやり方を教えて頂き、やってみました。

SONY α6000にインストールた、タイムラプスというアプリを使ってます。

撮影した写真を合成するのに使ったのは、比較明合成のフリーソフトで、
一つ目がSirius Compというもので、二つ目がKikuchi Magickというものです。

原理が一緒なのか合成品は同じものになりました。
下のようになってます。
20150114撮影の合成2

α6000 E 10-18mm F4 OSS(SEL1018) f4.0 18mm(35mm換算27mm) 20sec 120枚合成 

合成してみて、おやっ!
途中で微妙にカメラがズレています・・・(泣
寒い中窓を全開にして撮影したのに・・・。

・・・まあいいです。
なんとか北極星を中心に流れる星をやっと撮る事が出来ました。
比較明合成いいですねー(^-^

正月以降、ずっとこのテーマに取り組んでました。。

使用したレンズ E 10-18mm F4 OSS(SEL1018)は超広角で、面白い写真が撮れます。
このレンズを使って、建物などを撮影して補正かけるとかやってみたいと思います。

ちなみにこちらで買いました。

SONY Eマウント 超広角レンズはこちら ← Yahoo!ショッピング

次は天の川を撮れるようになりたいですが・・・、赤道儀かな・・・?

やまおこむでした。
それではまた。
[ 2015/01/17 01:18 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(2)

今年の冬は寒い・・・

今年も車で帰省しました。

12/31の朝5時に横浜を出発。
→6:54 新東名 清水PAに到着
DSC01834[1]


→9:31 新名神 土山PAに到着
DSC01840[1]

→10:25 名神 大津SAに到着
DSC01849[1]

→12:05 山陽自動車道 権現湖PAに到着
  大津SAで買った蓬莱の豚まんを口いっぱいにほおばる息子と愛車ポロ
DSC01870[1]

寒そうだったので、私の上着をかけてます。ぶかぶかですね。

で、

広島について、年明け早々・・・
DSC01874[1]
実家にしてはかなりの大雪・・・、さらに、
DSC01886[1]
吹雪・・・(ぇ

普通に雪が吹雪いているのと、一度積もった雪が風で舞い上がってます。。

今年の冬は暖かいとなにかで予報されてたような気がするんですが、いやいやいやいや寒いです。

道路も雪と氷で覆われているなか、なんとか横浜までもどってこれました。

やまおこむでした。
それではまた。
[ 2015/01/08 00:11 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

やまおこむ

Author:やまおこむ
横浜在住のカメラ、自転車、PCの好きな、平均的なサラリーマンのブログです。

フリーエリア










検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。