FC2ブログ

初心者目線で ミラーレス

素人の目線でカメラに取り組んでいます。素朴な疑問や、壁を少しずつ乗り越えて行きたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

画像、動画アップロードのために 2

以前に光ファイバーの性能について触れたことがありました。

今回は、wifiを新しくしましたので、前後の性能について書いてみたいと思います。

もう古くてわかりませんが、前に使っていた無線LANルーターはb、g規格のみ対応していたようでたぶんn規格は対応してなかったと思います。
wifiを受信するノートPCも古いので、受信機を更新しました。

ルーターと受信機は下のものにしました。

I・O・DATA WN-AC1600DGR3


エレコム WDC-433DU2HBK


上のルーターは、設定をボタンひとつでコピー出来るので、めんどくさがりの私にはうってつけです。
あとは、HDDをルーターにUSBでくっつけて、家のどこからでも共有できるようにしたいと思ったので選びました。I・Oデータのnet.USBというやつです。

ちなみに交換前の速度はこちらです。
wifi交換前

で、交換後がこちら。
wifi交換後

技術の進歩はすごいですね。。
わずか数年で9~10倍に。

このあと無線LANルーターにHDDをつけて、ホームネットワークのHDDとして稼動させました。主に音楽、画像用です。

やまおこむでした。
それではまた。
スポンサーサイト
[ 2014/12/29 19:51 ] PC | TB(-) | CM(1)

ソニー α6000で星空を動画にしてみました

冬は星がきれいです。

なので、これまでいろいろ写真に撮ってみようとしてますが、なかなかいい写真が撮れていません。

で、今回は写真でなくて、動画にしてみました。ヒヨったわけではありません。
星の軌跡が見える、ソニーのスタートレイルというアプリをα6000にインストールして動画を作ってみました。


α6000 SEL24F18Z f13 SS20秒 ISO100 合成枚数150枚

東の空までしか撮れないので、迫力がないですね・・・。北の空を撮ってみたいです。
まあ、何の変哲も無い、ショボイものになってしまいました。

・・・動画のアップ方法が分かっただけ、収穫と考えときます。。

個人的には、天の川が見えるような写真を撮りたいなー、と思ってますが、道は長そうです。

やまおこむでした。
それではまた。
[ 2014/12/27 22:50 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)

ポロGTE(GTIじゃなくて)

今回は写真なしです。

私はカメラ、自転車、PCのほか、車も好きなんです。
今はフォルクスワーゲン ポロGTIに乗っており、毎年の盆と正月は横浜⇔広島を車で往復してます。
高速道路での燃費は17km/Lちょっとで、普段の町乗りでは12km/L前後です。

出足もよくて、燃費もそこそこいいんですが、今年3月のジュネーブモーターショーでGOLF GTEが発表されたときに、「ポロでもGTEが出ないかなー」、と思いました。

GTEモデルは、スポーツモデルであるGTIグレードのプラグインハイブリッド版のようなものになります。

もともと私が車に求めているものは、

1.マニュアル機構のオートマ(ポロやゴルフのDSGやランエボのSST)
2.4ドア
3.車幅 1700くらい(ヴィッツ、フィット、マーチサイズ)
4.スポーツ志向
5.できれば4WD(AWD)
6.できれば4輪独立駆動制御
7.将来的にはプラグインハイブリッド

という組み合わせ的に結構マニアックな仕様になります。

ポロGTIは1~4と6(の半分)を満たしてくれたので、その当時はかなり満足してました。

で、

このまえネットで何気なくPOLO GTEで検索してみると、出てきてました。
いや、出るんじゃないかという記事がありました。

ネット上の記事なんであれですが、こんなことが書いてありました。

【POLO GTE】
ポロのいわゆるホットハッチであるGTIやRといったスポーツグレードの3番目のホットハッチとして、2015年にプラグインハイブリッドスポーツモデルであるGTEが登場する。
容量が8kWで、重量が120kgの水冷リチウムイオン電池は、後部座席の下に配置される。120kgという重量は加速に不利になる様に思えるが、実際はモーターの出力が高いため、加速が悪いと感じることはないだろう。
モーター出力は、e-Up!と同等の60kW/82psとなり、システム出力160psを達成するために新しい1L~1.4LのTSIターボエンジンが搭載されるだろう。
0-100km/h加速は8秒(ポロGTIは6.6秒)、燃費は2L/100km(日本表現では50km/L!)になる。
価格はGTIのように高価になるが、補助金を使えるというメリットがある。(日本ではエコカー補助金ですかね)

あとは推測ですが、安全装備もくっついてくると思われますので、個人的にはかなりほしいなー、というものになりそうです。

ただ、次世代のリチウムイオン電池が出そうな気配も感じているので、ハイブリッド車になかなか踏み込めません。

かなりマニアックなネタですが、自分的に楽しみなことなので書いてみました。

以上、やまおこむでした。

それではまた。
[ 2014/12/25 22:46 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

ソニー α6000で星空を撮影 3

なかなかうまく撮れない星空に挑戦を続けてます。

そしてLightRoomを使った補正もいろいろ勉強中です。

さて・・・、α6000用のリモートコマンダーを入手しました。
RM-VPR1です。
これでバルブ撮影ができる、はず、できるけど設定がわかりません。

なので、シャッタースピードを10分くらい、ISOを100に設定してF値をいろいろ変えて撮ってみました。
で、よさそうだったのが下のものになります。

24mm F18 10min補正前
SONY α6000 f18 SS10minくらい ISO100

ただ、コントラストが低い、シミみたいなのがある、全体的に明るい・・・といった不満があります。シミはレンズが汚れてました(ぉぃ

そこで、またLightRoomのお世話になりました。
24mm F18 10minLRで補正
シミを消して、コントラストを上げて、全体的に黒っぽくしてみました。

・・・ブログにアップしてみたら、どっちも星があまり見えなくなっちゃいました。
画像のアップ方法も検討の余地ありそうです。
あとRAW画像を撮るのを忘れてました。(ぇ

それにしてもLightRoomすごいですね。
レタッチの是非がどうとか言われる理由が分かり始めました。

LightRoom5(通常版) ←Amazon

もうちょっとマシな写真を撮ることと、スタートレイルを使って動画を作って、ブログにアップすることをやってみたいと思います。

やまおこむでした。
それではまた。
[ 2014/12/24 20:30 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)

ソニー α6000で星空を撮影 2

少し前に、ソニー α6000で星の撮影に挑戦しました。
正直、屋外で設定を出すのに時間がかかり寒かったです。

で、一応星が見える写真は撮れたわけですが、出来れば星が流れているような写真を撮りたいなーと思ったわけでして。

ただ、バルブ撮影のためのカメラのリモコンがまだ無いので、「合成してみよう」となりました。

1.合成用素材を集めます
α6000にタイムラプスというアプリをソニーホームページからダウンロード、インストールして素材の星空を撮影しました。動画でなくスチルです。
撮影は、以下の通りでやってみました。

 カメラ:α6000
 レンズ:SEL16F28
 F値:8.0
 ISO:100
 シャッタースピード:30秒
 撮影枚数:20枚
 マニュアルフォーカス、露出オート、ノイズリダクションオフ

2.PhotoShopで重ねます
PhotoShop CS2というのが、無料でダウンロードできるみたいだったのでそちらを使いました。ただ何かあっても自己責任みたいです。
今回は下のようなやり方で、18枚重ねてみました。

 (1)元の画像の上に、もう一枚の画像を「移動ツール」で重ねる
 (2)重ねたレイヤーを「通常」から、「覆い焼き(リニア)」に変更し合成
 (3)重ねた画像の位置をドラッグして微調整
 (4)順次3枚目以降も同じ手順で合成

3.LightRoom5で色々補正します

LightRoom5はこちら ←Yahoo!ショッピング


PhotoShopで重ねた写真が変な色になってたので、補正しました。
まだ使い方が良く分からないので、補正しきれませんでしたが・・・。
DSC01735~合成の

なんだか真ん中が不自然に明るくなってしまってます。
もう少し補正のやりかたを勉強します(汗
あと思ったより星は多いことが分かりました。目に見えない星も撮れるんですね。

次は、カメラ用リモコンを入手して、6分間のバルブ撮影に挑戦したいと思います。

やまおこむでした。それではまた。
[ 2014/12/21 22:22 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(3)

ソニー α6000で超解像ズーム3

ソニー α6000は超解像ズームがついてます。
何回も言ってるのでいまさらですが・・・。

ソニー α6000 初心者目線で超解像ズーム では、焦点距離24mmの単焦点レンズで腕時計を超解像2倍で撮影してみました。
ソニー α6000 初心者目線で超解像ズーム2 では、室内のカレンダーを色々なレンズで撮影し、単焦点の超解像2倍ズームと標準ズームレンズのどちらがよく解像するかを比較してみました。
で、ソニー α6000で月を撮影 では38万km離れた月を超解像2倍ズームで撮影してみました。(距離関係ない・・・)

なので、流れとしてはここはマクロレンズかと。

レンズはE 30mm F3.5macro(SEL30M35)を使いました。

ソニーEマウント マクロレンズ ← Yahoo!ショッピング

下の1枚目は、腕時計が画面いっぱいになるように近づいて撮ってみました。
DSC01730[1]
これでも普通にはマクロレンズでしかここまで大きくは撮影出来ませんでした。


で、次の2枚目は極限まで近づいて撮影してみました。
DSC01727[1]
・・・さすがマクロレンズといったところでしょうか。巨大です。


で、下の3枚目が極限まで近づいた上で、超解像2倍ズームで撮影したものです。
DSC01728[1]
もう顕微鏡みたいですね。ただ、盤面が黒っぽい為か少しノイズが目立ちました。

個人的には、超解像ズームはマクロでも使えるなーという印象です。
標準ズーム並には解像もしてくれたので、やはり便利です。

ちなみに撮影した腕時計は、カシオのオシアナスです。

OCW-S100-1AJF ← Yahoo!ショッピング



やまおこむでした。

それではまた。


 ←ランキング参加しました。よろしければクリックお願いします。
[ 2014/12/20 00:46 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(3)

ソニー α6000で星を撮影

本格的に冬になってきました。
あちこちで寒波が来ているとの話が出てます

冬というと、星がきれいです。
ソニー α6000で月を撮影 ではタイトル通り月を撮影してみました。

で、超広角レンズはありませんが、月以外の星を撮ってみようかな・・となりました。
DSC01399[1]

オリオン座が見えたので、撮ってみました。見えにくいですが・・・。

レンズは、E 50mm F1.8 OSS
シャッタースピード30秒、F8.0、ISO100

なので、少し星が流れました。
タイムラプスをα6000にインストールしたら、もう一度撮影してみたいと思ってます。

それにしても・・・初めてとはいえ、もう少しましな写真を撮ってみたいものです。。。

やまおこむでした。
それではまたー。

SEL50F18 ←Yahooショッピング


 ←ランキング参加しました。よろしければクリックお願いします。
[ 2014/12/16 22:50 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)

ソニー α6000でクリエイティブスタイルを試しました 2

今年もあと20日をきりました。

来年の干支は羊ですね。
もこもこしてあったかそうな羊ですね。

ということで、羊の置物の写真を撮ってみました。

ソニー α6000でクリエイティブスタイルを試しました では夕景や紅葉のモードを使ってみました。
今回は被写体が、置物(焼き物)なのでそれ以外のクリアー、ニュートラル、ディープなどを試してみました。

撮影ですが、カメラはソニーα6000、レンズはSIGMA 30mm F2.8 DN です。

一枚目はスタンダードです。
干支スタンダード


2枚目はクリアーです。
干支クリアー
スタンダードに比べて、色の薄い部分はより薄く、色の濃い部分はより濃くなっています。


3枚目はニュートラルです。
干支ニュートラル
全体的に光が当たったように、色の薄い部分も濃い部分も全体的に色が薄くなっています。


4枚目はディープです。
干支ディープ
・・・濃いですね。まさにディープという感じです。色の薄い部分も濃い部分も全体的に色が濃くなっています。

あとは、雰囲気的に、白黒とセピアです。
干支白黒
干支セピア
白黒とセピアはまだあまり使ったこと無いですが、やはりそれぞれ独自の雰囲気がありますね。

今回使ったSIGMAのレンズですが、単焦点でF2.8とまあ明るいレンズではありませんが、実売価格が¥16000以下で、写りもカリッとしているのである意味、準シンデレラレンズでは、と勝手に考えてます。そして軽くてコンパクトです。

SIGMA 30mm F2.8 DN はこちら


あと20日弱、がんばっていきましょう。

やまおこむでした。
それではまたー。

 ←ランキング参加しました。よろしければクリックお願いします。
[ 2014/12/13 22:53 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)

ソニー α6000で月を撮影

やまおこむです。

月がきれいだったので、ソニーα6000にズームレンズをつけて撮影出来るかやってみました。

ズームレンズは、 E 18-200mm F3.5-6.3 OSS (SEL18200)です。
35mm換算300mmまで撮れるやつです。

SEL18200を探すのはこちら。

で、

とりあえず何も設定しないで1枚撮ってみました。SS 1/10秒です。
1/10秒[1]


・・・確かに眩しいくらいの月だったので、まあこんなものでしょうか。。

モードをM(マニュアル)に設定して、シャッタースピードを速くしていきます。
ISOは400、f6.3、焦点距離200mmです。

1. 1/160秒
1/160秒[1]


2. 1/1000秒
1/1000秒[1]


3. 1/4000秒
1/4000秒[1]


月の模様は見えますが、ちっちゃいので超解像ズーム2倍に。
1/4000秒、超解像2倍[1]


すこし明るく、明暗の差が小さいので、ISO100に。
超解像2倍ISO100[1]


黄色い月にしたいので、クリエイティブスタイルを夕景に。
超解像2倍夕景モード[1]


もうちょっとおどろおどろしく(ん?)したいので、コントラストと彩度を+3に。
超解像2倍夕景彩コン+3[1]


最後のはほとんど趣味ですが・・・。(もっと赤くしたい(ry

全部jpg撮って出しなんですが、RAWで撮って加工したらもっとおどろおどろしく出来そうです。

星空の撮影にも、挑戦してみたいです。難しそうな印象ありますが・・。

それではまたー。


 ←ランキング参加しました。よろしければクリックお願いします。
[ 2014/12/09 21:25 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)

ソニー α6000でクリエイティブスタイルを試しました

やまおこむです。

私はカメラで何かを撮るときは、大体Aモード(絞り優先)で、単焦点レンズを使うことが多いですが、クリエイティブスタイルはあまり変えないで撮影してきました。

今回はクリエイティブスタイルを変えることで、どのくらい絵が変わるのか試してみました。

庭のコハウチワカエデを撮影して、比較してみました。
撮影はソニー α6000、レンズはE 35 F1.8 OSS(SEL35F18)を使用しました。
焦点距離は全てf2.8です。


1.スタンダード
スタンダード[1]


2.ビビッド
ビビッド[1]


3.夕景
夕景[1]


4.紅葉
紅葉[1]


5.紅葉で彩度、コントラスト、シャープを+3
紅葉 彩コンシャープ全部3[1]


6.スタンダードで彩度、コントラスト、シャープを+3
スタンダード 彩コンシャープ全部3[1]

SEL35F18で撮影するために。


クリエイティブスタイルを夕景にすると、昼間にも関わらず夕方の様な雰囲気にしてくれます。
また、今回の被写体が紅葉した(枯れた?)コハウチワカエデなので、クリエイティブスタイルを紅葉にすると、赤が際立ちました。

コントラスト、シャープや彩度(主に彩度)を、+に持っていくと、同様に赤が際立ちました。

せっかく紅葉を撮影するなら、クリエイティブスタイルを「紅葉」にしたいと思いました。
もっと面白い写真にしたいなら、不自然にならない程度に更に彩度を上げてみたいとも感じました。

それではまたー。

画像の編集、修正はこちらで。

 ←ランキング参加しました。よろしければクリックお願いします。
[ 2014/12/07 23:35 ] 写真・カメラ | TB(-) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

やまおこむ

Author:やまおこむ
横浜在住のカメラ、自転車、PCの好きな、平均的なサラリーマンのブログです。

フリーエリア










検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。